いづみ恒商店のちょっといい話

職場での日々の出来事を専門的な内容から、またありふれたお話までつらつらとつづっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニューラスト!

みなさん、
おつかれさまです。

雑用係Tでございます。


さあ、さて!

ご好評いただいております、
パンチャ レディメイドシューズ 〝スタンダードライン″に、
新ラストが登場します!


現在展開しております、オーヴァルトゥに加え、

今回、チゼルトゥが新たに加わります!

110714


いかがでしょうか?

詳しくはまだ決まってませんが、まずは3型くらいから展開できればと思っております。



ニューラスト発売日は追ってまたご報告いたします。




ではでは、
今日はこのへんで。

雑用係Tでした。

スポンサーサイト

PageTop

スタンダードラインについて(8)

みなさん、
おつかれさまです。

雑用係Tでございます。


さてさて、
パンチャ レディメイド
"スタンダードライン″についてもう少しおはなしを。

肝心のラストですが、
現在 パンチャでの新スタンダードラストとなったもので、
爪先の捨て寸も標準的な長さのオーヴァルトゥとなっております。
最初にだすラストとしてロングノーズラストも考えたのですが、流行に左右されず、いつまでも飽きのこないラストということを一番に考えると、

やっぱりこれでしょう!

110506

ということで、
ラストはこれに決まりました。

あと、
細かい仕様ですが、
ソールはシングルソールでスマートに。
またウェルト(細革)は、オックスフォードはシングルウェルトで、
ダービーはアウトステッチをヒール周りまで縫ったダブルウェルトを標準仕様としております。

ちなみにヒールの高さは最近では標準になりつつある30ミリとちょっと高めで設定しております。


次回は
最後にフィッティングについておはなししたいと思います。


今日はこれにてお別れです。
雑用係Tでした。

PageTop

スタンダードラインについて(7)

みなさん、
おつかれさまです。

雑用係Tでございます。


今日はレディメイドシューズのヒール、カカトのおはなしです。

例えば、積み上げヒール+クォーターラバーリフト、もしくはビブラムETONヒールなのですが、
残念ながら、積み上げは予算の都合上、革の積み上げを使うことはできませんでしたm(__)m。
屑革を練り固めて作った再生革を使用しております。とはいいましても、この再生革も各問屋からいろいろと取り寄せ、その中から一番繊維のつまった、そして色つけた時の発色がよい素材を選択し、使用しております。我ながら?なかなかきれいに仕上がっているとは思いますがいかがでしょうか?

110502

素材の説明はだいたいこんな感じでしょうか。

あとちょっとおはなししたいことがありますが、

今日はこのへんで失礼します。

雑用係Tでした。

PageTop

スタンダードラインについて(6)

みなさん、
おつかれさまです。

雑用係Tでございます。


今日はスタンダードラインのラバーソール仕様についてのおはなしです。

スタンダードラインではビブラム社ETONソールを使用します。黒靴には黒色を、茶の靴には茶色のビブラムソールを使います。

ビブラム社のソールにはたくさんのパターンのソールがありまして、それぞれに品番があるんですが、特には名前もついてないので今まではこれまた有名どころの名前を借りて、ビブラムダイナイトタイプとか呼んでました(苦笑)。

今ではこのソールに名前があることがわかり、
ビブラムETONソールと呼んでます。

この素材はレザーソールよりも少し厚く、7~8ミリあります。
グリップ力、屈曲性、耐久性に優れ、ドレスシューズに使うラバーソールとしては一番のおすすめです。

110430.jpg

このように、
レザーソール、ビブラムソールとそれぞれに良さがありますので、お客様の用途に応じて選択していただければと思います。


ではでは
今日はこのへんで。

雑用係Tでした。

PageTop

スタンダードラインについて(5)

みなさん、
おつかれさまです。

雑用係Tでございます。

パンチャHPのスタンダードラインは みていただきましたでしょうか?
雑用係、いえ パンチャの自信作ですので ぜひぜひ一度お試し下さいませ!

さてさて、
今日もまたまた スタンダードラインについてのおはなしです。

今回は アウトソールです。

パンチャレディメイドシューズはレザーソールとラバーソールを選択できますが。

レザーソールについては”ベーシック”も”スタンダード”も同じ素材で、現在はメキシコベンズを使用しております。

オークピットなめしのなんとかバークや有名タンナーの底材はさすがに高価で、やはり使用することはできませんでした。
イタリーベンズはいくつか種類がありますが、有名どころの高価なものを除いて、概して質が落ちているようにも感じます。
対してパンチャが入れている メキシコベンズですが、昔は、安価だけど それなりに質も落ちるとうのがメキシコだったのですが・・・
今のメキシコは 価格は以前のようにそれなりですが、質はかなり良くなってます。
繊維もつまってますし、銀面もきれいです。

よくがんばってるなぁと思っていると、
この前ニュースで言ってたんですが、

世界で一番働いているのは ずっと連続で日本人だったらしいのですが、
今年は 日本人は2位で 1位はなんとメキシコ人だったそうです。

そんなメキシコ人が作る ベンズが悪いわけはない!
なんて(苦笑)。

というわけで
自信を持って レザーソールをおすすめします!

110428

ただ ラバーソールも負けてないんですが
今日は時間がなくなってしまいました。
次回のおたのしみで。

ではでは
雑用係Tでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。